中学受験・・・山あり谷ありチチロウブログ

中学受験をやってみよう

中学受験をやってみよう

出来が悪く勉強が全く出来なかった私に似なかったおかげか、息子は小学校に入ってから毎日勉強を続けて低学年から塾にも通っていたので、成績がかなり優秀でした。5年生になり中学受験をやってみたいと言い出すようになったので、その息子の夢を後押しすることにしました。希望している中学校を聞いてみたところ地元でも難関の私立中学の名前を挙げました。とりあえず合格できるかどうかはわからなかったので模試を受けさせてみたところ、どうやらギリギリ合格圏内の成績だったようです。息子の実力を知ってからというもの、私は中学受験を応援していこうという気持ちにも慣れましたから、塾の特別講習を受けさせてあげたり、息子が欲しがっている教材はすべて買うようにしていました。父と子でタッグを組んで努力をしていったおかげで5年生になって中盤頃の模試も最初よりも点数アップしました。これからは6年生そして中学受験直前といろいろな過程がありますが、息子ならばそのハードルもなんとか乗り越えてくれそうな気がしています。最近では妻も息子の中学受験に対して関心が出てきているので、家族一丸となって息子の中学受験を応援して志望校合格をさせてあげたいです。

私立を目指す中学受験

私には小学5年生の息子がいるのですが、小学校5年生ともなると、そろそろ中学受験の事を考えます。昔から好奇心旺盛で勉強が好きな子で、寝る前になると九九を覚えたいと息子が言うので、毎晩寝る前に九九を教えてあげた時の事を思い出します。息子は気になる事があると私や先生に質問しては、自分が納得出来るまでは問題に取り組んで一生懸命に勉強する子です。そんな勉強の好きな息子も、もう5年生になり最近、中学受験の事を具体的に考えます。息子本人も最近では中学受験の事を考え始めてるようで地元の私立中学校で受験してみたい学校があると言っています。中学受験を控える子供を持つ親としては、子供が望んでいるなら、なんとか子供の希望通りの学校へ入学させてあげたいものです。そこで息子が希望の学校へ入学して勉強できるように塾に通わせてあげようと思ったのです。塾なら学校での勉強だけでは足りない部分などを細かく解説、指導して補ってくれるだろうと考えたからです。塾も調べてみると驚くほど沢山あります。勉強の仕方や指導方法も塾によって様々で違いがあるようです。その中でも子供の側について手ほどきしてくれる個別指導塾という指導方法で勉強を教えてくれる塾が目についたので、その塾に決めようと思っています。自分が納得出来るまで問題に取り組みたい息子には、ピッタリの塾だと思います。良い塾が見つかって息子も喜んでくれそうです。

公立を目指す中学受験

私の息子は小学校低学年から自発的に勉強をしてくれたおかげで高学年の小5となった現在では、中学受験も夢ではないレベルにまで達していました。父親としてこのような息子の成長を見れるのは非常に誇らしいことですが、最近になって公立中学を受験したいと言うようになりました。私はてっきり私立中学を受験するのかと思っていましたが、中高一貫の公立中学への入試を希望しているようだったので、私は何も言わず見守ってあげることにしました。どのような対策が必要なのかはわからなかったので、息子が行きたいと言っている塾に通わせることに決めました。中学受験の公立中学へ向けての勉強をそこでみっちりとやったのですが、短期間でかなりの実力が身につき、中学受験を希望している公立学校への合格判定も良好なものになっていきました。これからはラストスパートに向けてひたすら学校と塾の勉強をしていきたいと、本人も言っているので、息子の夢を叶えさせてあげるためにも、とにかく父として最適な学習環境作りには協力してあげたいと思います。中学受験まで後少しの時間ですが、息子には志望校合格に向けて後悔のないように全力で頑張ってもらいたいと強く願っています。

山あり、谷ありの中学受験になるんだろうな

親戚が集まった席でのことでした。
話題は中学受験のことになり、名門の男子校がいいとか付属がいいとか、盛り上がっていました。

そのとき私の小5の息子が「中学受験したい」と突然言い出しました。
一番驚いたのは親で、そんなこと一度も聞いたことがありませんでした。
そんな私たち親を無視するかのように私の兄が「どこの中学に行きたいんだ?」なんて子供に質問してきたんです。
多分学校名なんて出てこないだろうと予想した矢先に、何を思ったのか、あの超有名な学校名をみんなの前で言ってしまったのです。

いつどこでそんなことを思い付いたのか、その場の雰囲気で言ってしまったのか、困ったのは当の本人ではなく親でした。
親戚一同の前で宣誓した感じになってしまいましたから、嫁の妹からは「中学受験やってみたら」なんて言われてしまいました。
それからというもの引っ込みがつかなくなってきてしまいました。

帰りの車の中で息子に「本当に○○中学行きたいのか?」と聞いたら、「行きたい!」という返事が返ってきました。
そんなことを本気で考えていたのかと思うと、子供の気持ちに気付かなかった親の配慮が足りなかったと猛省しました。
と同時に「これは大変なことになった!」と思う反面、「あの○○中学に息子が合格したら鼻高々だ!」という気持ちにまでなってしまいました。

受験まで残り1年半、大変な中学受験になるんだろうな〜と妻と心を決めました。

子供が中学受験をやる気になった!

本当に、子どもをやる気にさせるのが一番難しかったと思います。私は自分の息子には、自分が通っていた私立の中学に通ってほしいのですが、何せ偏差値も高く難関校ですので、ちょっとやそっと勉強しただけでは絶対に受かりません。息子が小学校3年生くらいの時から、中学受験をなんとなくほのめかしてきましたが、彼はサッカーに夢中でそれどころではありませんでした。小学校4年生になると、本格的に塾に通いだすようになりましたが、それでもまだ中学受験なんて何の話という態度でした。ところが、息子が中学受験に向けてやる気になったきっかけがあるんです。それは、いつも塾で仲良くしている友達が模試でかなりいい順位と偏差値を取ったからです。これで闘争心に火がついたようで、息子も勉強に対して真剣に取り組むようになりました。そして、その仲の良い友達も同じ中学を目指していることがわかり、ますますやる気になったようです。一緒にがんばれる仲間がいるということは、中学受験の大きな励みになるようです。時には、親よりも友人の方が大きな影響力を与えるのかもしれませんね。もちろん、これからも息子をサポートしていきたいですが、彼の自主性も大切にしたいと思っています。
参考サイト